脱毛の痛みの原因にひとつに乾燥がある!

説明している女性

脱毛サロンにて施術してもらったあと、赤くなったり痛くなったりすることがあります。

 

そのような場合、「ここのサロンはだめだ!」と思ってしまう人もいるでかもしれません。

 

たしかに、脱毛の技術がまだまだ未熟なスタッフの店も存在します。しかし実は、その痛みの多くは「肌の乾燥」が原因なのです。

 

 

特に、最近のエステサロンでおこなわれているのは「光脱毛」で、肌の状態が脱毛の効果に大きく影響します。

 

光脱毛とは、特殊な光を当てることで毛の根本にダメージを与えて脱毛する方法は周知の通りだと思います。

 

でも、光脱毛ってたしか、美肌効果もあるんじゃなかったっけ・・・?と思われたあなたは正解です。
しかし、その反面デメリットもあるのです。

 

それが、乾燥です。

 

この施術方法は、特殊な光を肌に当てていますので、肌の乾燥を招きます。
つまり、もともと肌が乾燥しているところに光を当ててしまえば、乾燥はさらに悪化し、肌は大きなダメージを受けます。このダメージを受けた部分が、赤くなったり痛くなったりしているのです。

 

たとえ、乾燥を防ごうとして脱毛直前に何かクリームを塗って臨んだとしても、シワを作りやすい皮膚にしてしまうなどと、かえって悪い影響を与えてしまいます。

 

さらに、肌が乾燥した状態で施術すると、特殊な光が、毛の根本にまで届かないことがあります。
その場合、脱毛の効果は薄れてしまいます。

 

つまり、肌が乾燥している状態で脱毛することは、

  • 「脱毛の効果を低くしてしまう」
  • 「脱毛後に、痛みなどの副作用を与える」

といったトラブルの原因になってしまうのです。

 

では、乾燥をさせないようにするにはどうすればいいのか、次で見ていきましょう!
⇒ ⇒ 乾燥を防ぐために保湿ケア