全身脱毛方法の種類

脱毛器  脱毛器2  脱毛器3

 

一口に脱毛と言っても、医療機関で受けるもの、脱毛サロンで受けるもの、自分で処理するものなど様々なものがあり、当然特徴も異なります。

 

レーザー脱毛

毛根部分にある色素に反応するレーザーを利用し、毛根部分で熱に変えることで周辺の細胞を破壊する脱毛方法です。

 

主に医療クリニックなどで施術を受けることができます。

 

フラッシュ脱毛(光脱毛)

エステや脱毛サロンなどで主に利用されている方法です。

 

脱毛の仕組みはレーザー脱毛とほとんど変わりませんが、レーザー脱毛よりも一度に施術出来る部分が広く、早く施術が終わるという利点があります。

 

さらに、光脱毛は細かく分類できます。
こちらから ⇒ 光脱毛の種類

 

電気脱毛(ニードル脱毛)

針を毛穴に差し込み、電気や高周波を流す脱毛方法です。

 

毛根部を破壊し、以降ムダ毛が生成されないようにします。
一本ずつ丁寧に施術してくれるため、仕上がりが確実ですが痛みが最も強いと言われています。

 

自己処理

安価で済むことが多く、予約などの手間がかからないのがこの方法です。

 

カミソリを使った自己処理、毛抜きを使った自己処理などは肌を傷つけることが多くオススメ出来ません。

 

特に毛抜きは埋没毛や毛穴の盛り上がりなどのトラブルの原因になるので注意が必要です。

 

脱毛クリームワックスなどの脱毛方法は比較的手軽ですが、持続性はありません。
また肌を傷つけるリスクも大きいと言えます。

 

最近では家庭で使える脱毛器にも様々なものがあり、レーザー脱毛や電気脱毛が可能なものも発売されています。

 

そうした機器は当然医療用やサロンにあるものと比べれば出力は弱いのですが、間違った使い方は十分トラブルや事故の原因になります。

 

自分でこうした機器を利用する際は細心の注意を払って使うようにしましょう。